セフレのマナー

体だけの関係であるセフレですが、やはりお互いに一緒にいる時間がありますから、きちんとマナーを守って関係を続けていきたいものです。

セフレとの関係で問題になりやすいのは、恋愛感情に関わる部分かもしれません。
いくら体だけの関係だと考えていても、何度も会っているのですから次第に恋愛感情が出てくることもあるのです。

もちろんあくまでもセフレなのですから、そういった恋愛に関する感情を抑えておければいいのですが、やはりそう簡単にどうにかなるものではありません。

そういった恋愛感情にセフレ相手が気が付いた場合、それまでの関係が壊れていくことになるのです。

相手は割り切った関係を続けていきたいと思っていますから、その関係が崩れそうになれば、終わらせてしまう方がいいと思う場合が多いのです。

下手に恋愛感情に気が付かないフリをしても仕方がありませんし、そのまま温度差がある状態で関係を続けていくのも難しいでしょう。

恋愛感情が冷めてしまったことによって、そのまま山口県 セックスフレンドになったという話を聞くことはありますが、その逆はあまり聞きません。

それだけセフレから恋愛感情が生まれて、恋人になったという事は珍しいことなのです。

もちろん恋愛感情が生まれていなくても、相手の行動に干渉するような事はやめておきましょう。

相手のことを必要以上に詮索するのも嫌がる人が多く、何もいい事は無いでしょう。

プライベートについても色々と知りたくなるかもしれませんが、お互いに自分から話をしないのであれば、詮索しない方がいいのです。

セフレという関係は体の相性が重要になるので、相手の本名を知らなくても関係を続けていくことが出来るのです。

名前や年齢などを知ることがなくても、お互いにセフレとしての関係に満足している人は多いのです。
余計な詮索をしないこともセフレ同士のマナーなのです。

恋愛感情が出てくると、プライベートに関しても知りたくなっていきますから、途中で関係が駄目になる事も多いのです。